小児歯科

当院で歯医者さんに行けるようになったお子さまが大勢います

「歯医者さん」という今まで経験したことのない場所に連れてこられて、思わず泣いてしまうお子さまは大勢いらっしゃいます。

しかし「歯医者さんが何をするところなのか」「なぜ歯医者さんに連れてこられたのか」
今の状況をきちんと説明してあげることで、ある程度の年齢であれば自分の状況を十分に理解することができます。
「大きくなったらまたきてね」「できるようになったらまたおいで」とすぐに諦めず、当院ではお子さまとしっかりと向き合った治療および予防を行っています。

その結果、最後には泣かずにできる様になったお子さまが大勢いらっしゃいますので、他の医院で治療が受けられずに諦めていたお子さまも安心してご来院ください。
先生から一言

当院では小児歯科専門の女性歯科医師が担当します。
私自身二児のママであり、現在育児に奮闘中です。お子さまのお口のことで不安に思っていらっしゃることがあれば、何でもご相談ください。
『歯医者は虫歯になってから通うのではなく、虫歯にならないようにするために通うところ』をモットーに予防を重視しております。お子さまが『歯医者さんに行くのが楽しみ!』と言ってもらえるように楽しくお話ししながら診療に取り組んでいます。

小児治療への様々な備えもあり、例えばお子さまが治療中に暴れないように、安全に抑えておく器具などもあります。
他院で治療を受けられずに困っている保護者様は、ぜひご相談ください。

乳歯を虫歯から一緒に守りましょう

子どもの歯は大人の歯に比べてやわらかく、虫歯にもなりやすいです。
当院では3〜4ヶ月に一度、定期検診に来ていただき、虫歯のチェックや歯磨きのチェックと同時に、フッ素塗布も行っています。
フッ素を塗ることで虫歯菌の働きを弱め、歯の質を強化する効果があります。

しかし、フッ素さえ塗っていれば虫歯にならないわけではありません。
ご家庭での食事やおやつの内容、回数、間隔などの生活習慣も虫歯には大きく影響しています。
例えば同じおやつでもだらだら時間をかけて食べる場合と、すぐに食べ終えてしまう場合では、お口の中の汚れ具合に大きな違いがでます。
同じおやつでもすぐに食べ終わる子といつまでもダラダラと食べている子とはお口の中の汚れ具合に大きな違いがあります
当院ではフッ素塗布だけではなく、生活習慣の相談や、お子さまのお口にあわせたブラッシング指導も行っています。
ご家庭ではお口のケアに努めていただき、医院では定期検診やフッ素塗布でお子さまの歯を守っていきます。

お子さまのお口のことで気になる点がございましたら、なんでもご相談ください。

キッズスペースもあります

待ち時間でもお子さまが退屈することのない様に、キッズスペースには絵本やおもちゃを用意しています。